こだわり

こだわり

その 1手作り餃子ができるまで

STEP1

当店の餃子はキャベツをはじめとする何種類もの野菜がたっぷり。
中華包丁でどんどんみじんにしていく。
機械を使わないのは、旨みを損なわないため。

STEP1
STEP2

豚ひき肉に、これまた何種類もの調味料、スパイス等を混ぜ合わせる。
全体が白く粘り気が出てくるまで(左図)、十分に混ぜ合わせるのがおいしい餃子を作る秘訣。

STEP2
STEP3

上で混ぜ合わせたものに、最初に刻んでおいた野菜を加える。
全体がなじむまで再度混ぜ合わせ、餡のできあがり。

STEP3
STEP4

今度は、皮作り。
小麦粉に沸騰したスープを加え、棒で混ぜていく。
熱いので、素手で混ぜるのは無理。

STEP4
STEP5

水分がある程度いき渡ると、温度もちょうど下がってくる。
そこで、両手を使い体重をかけながらしっかりとこねる。
頭ほどもある大きさの塊をいくつか作る。

STEP5
STEP6

しっかりと何度もこねていくことで、生地になめらかさが出てくる。
でもまだキメが荒い…

STEP6
STEP7

こねたものに、乾燥しないようふきんをかけ、30分ほど休ませる。
(作り手もここでやっと一休み !?)

STEP7
STEP8

休ませていたのが、右のもの。
これをさらにこねていくと、左のもののような、キメの細かい生地に仕上がる。

STEP8
STEP9

表面の乾燥を防ぐために全体にごま油をぬってから、塊を平らにつぶす。
包丁で太い棒状のものに切り分ける。

STEP9
STEP10

棒状のものに片栗粉を打つ。
両手のひらで転がしながら左右に少しずつ伸ばしていく。

STEP10
STEP11

伸ばしたものを手でちぎる。(右図)
ちぎったものに、互いにつかないよう、再度片栗粉をうちながら、
手のひらをつかってギュッと押しつけ、少し平らにしておく(図、右)。

STEP11
STEP12

片手で伸し棒を転がしながら、もう一方の手でつぶしたものを少しずつ回し、薄く伸ばして餃子の皮のできあがり。
これだけ手間暇かけた皮が、一圓の餃子がおいしい理由のひとつ。

STEP12
STEP13

最初に作っておいた餡を取り出して、皮で餡を包んでいく。
へらですくう餡の量も目分量だが、餃子の大きさは変わらない。

STEP13
STEP14

へらを持った手で、口を閉じる。
へらは置かない。
1個つくるのに10秒ほど。
みるみるうちに餃子が並んでいく。

STEP14
STEP15

あとは、焼くだけ。
もちろん、店内で焼きたてをお召し上がりいただけます。
また、家庭用のフライパンでも簡単に焼くことができます。
もちろん水餃子でも。
ぜひご家庭でもお召し上がりください。

STEP15

その 2店主の想い自家製麺へのこだわり

防腐剤無添加!
みんなが安心して食べられる自家製麺

一圓の麺は、自家製麺で店主である私自身が作っております!
幼い頃からラーメンが大好きで、麺の食べ歩きをよくやりました。
ところが、 防腐剤の麺のせいでよくお腹をこわしていました。

そこで私はお腹に優しい麺を作りたいと思い、自社工場を構えて防腐剤のない麺を作ることにしました。

それが一圓の麺です。

おじいちゃん・おばあちゃんから赤ちゃんまで、安心して食べられますので、是非皆さまに召し上がっていただきたいと思います!